今日は「口数の少ない女性と急速に仲良くなるのに必要は物とは?」
という内容をお伝えします。


女性のタイプにも色々あって



・明るくて良く話すタイプ
・無邪気なタイプ
・素直なタイプ
・聞き上手なタイプ



などなど他にも沢山ありますが、仲良くなるのに苦戦するのは
「口数の少ないタイプ」だと思います。


何故なら
「口数が少ない」=「情報が得られない」
という図式なので、


何を話したらいいか分からなくなったり
沈黙が気まずくて心が折れて
諦める人が多いのがこのタイプです。


ちなみにガクも口数が少ない女性とドライブデートをした際に
行きは頑張って話してたんですが、帰りに話すネタが尽きて・・


沈黙があまりに気まずく、車内の酸素が薄く感じて「チアノーゼ」になった
ことがあります(笑)


でももったいないですよね!
見た目が自分のタイプなのに
性格が合わないと決めつけて諦めてしまうのは・・


見た目がいいのに口数が少ないタイプは
男が自分から諦めてくれるので攻略出来るようになると
実はかなりチャンスだったりします!


jhihjihihih


なぜ口数が少ないのか?

そもそもなぜ口数が少ないのか?


それにも様々なパターンがあります!


1.見た目で足切りする子
出会いの場で男側の見た目があからさまにタイプでなかったので
仲良くなる気がなくて、あまり情報を出さないようにしている子。
ある意味わかりやすくていいですね(笑)


2.言葉を考えるまでに時間がかかる子
合コンなど複数の出会いの場では周囲の会話の速度に
合わせることが出来ず受身になりがちな子。


3.緊張して話せない子
初対面だと緊張してしまって口数が減ってしまう子。


4.番警戒心が強い子
男への警戒心が強い子はたまにいて
どの辺住んでるのと質問したときに東京って答えるのは
警戒心が強いタイプです(笑)


5.元々口数が少ない子
先天的に口数が少ないタイプで独自の時間軸で
動いているので話さなきゃみたいな焦りはありません。



この中で一番攻略が難しいのが「1番の見た目で足切りする子」
足切りされた時点で心を閉ざしているのでどんなに面白いことを
言っても会話が盛り上がらず厳しい状態です!


2番から5番に関しては口数が少ない理由が
男側にあるわけではないので攻め方次第で
「彼女化」することは十分に可能です!


やってはいけないこと

hihiguufyf


口数が少ない子を攻略する上で
知らないといけないことが一つあります!


それは「質問攻め」にしてはいけないという事で
口数が少ないと一つ一つの話題がどうしても
盛り上がらず・・


ついつい次から次へと違う話題へ
シフトしてしまう人が多くいます。


そうなると女性は尋問を受けた気分になって
心を閉ざしてしまうので絶対にやらないようにしましょう!


質問をするにしても一つの話題に対して
関連する質問であれば問題ありません。


返報性の原理を利用

ではいかにして口数の少ない女性の
心を急速に開いて行くかです。


結局の所、口数が少なく情報が得られないとしても
情報を得るしかないわけです。


情報が得られないから困ってるのに矛盾してますか?


それでも情報が得られないと
会話は続かないですよね!


つまり口数は少ないけども普段より情報を公開しちゃった
という状態に持ってくのがベストです。




そんなときに使えるのが「返報性の原理」です。

jjojojoj


この原理かなり使えるんですが知ってますか?


返報性の原理とは
「他人から何かの施しを受けた際に、お返しをしなきゃと思う心理」のことです。


この原理は様々な所で使われていて

例えば、
スーパーの試食をもらったらなんとなく買わないと
いけないような気持ちを抱く状態とか


職場の先輩に缶コーヒーを奢って後で
仕事を頼まれると断りずらい気持ちになるのがそうです!


ではこの返報性の原理をどう口数の少ない女性に
利用するかです。


先ほど、質問攻めはダメと説明しましたよね!
であれば質問と一緒にこちらから自己開示をすればよくて


自己開示するとどんな返報性が表れるかというと
女性側も自己開示した内容を返さなきゃという
状態になります。


例えば、
男が「どこ住んでるの?」と普通に聞いて回答が
女「東京」と答えた場合

かなり心の距離を感じてしまいますが


これを「どこ住んでるの?俺は吉祥寺の方だよ!」と話せば
女「私は池袋の方」と詳細まで聞き出すことが出来ました!


このように自分から詳細まで話すことで
女性にも詳細まで話さなきゃいけないと思わせることが
できるのが返報性の原理です!



街コンなどで他のライバルよりも情報をうまく引き出すことが出来れば
それだけ攻略の糸口が見つけやすいので是非活用してみてください。