今日は「短時間でモテる筋トレ方法」
という内容をお伝えします。




筋トレで思いつくのが腕立て、腹筋、背筋、スクワット
本当にやり方は色々あってやり始めると思った以上に
時間がかかるし、大変ですよね!


しかもその場の思いつきでやってるので
やり方合ってるのか分からないし、効果で出ないと
中々続かないです。


そこで今日は
鍛えるとモテる部位
効果が出やすい筋トレ方法を説明しますね!


はっきり言ってその部位を鍛えるだけでも
女性からたくましく見られてモテます。


ではその部位どこなのか?


大胸筋を鍛えるベシ!!

鍛えるとモテる部位・・
それは「大胸筋」です!!


男ならではの分厚い胸板を手に入れることで
女性にたくましさを演出できます。


なんと言っても他の部位と違うのは鍛えれば
目に見えて分かるということです。



腹筋をいくら鍛えても服着てたら見えませんよね?
でも大胸筋なら服の上からでもわかるじゃないですか。
ここが重要なんです。


また、正しく鍛えれば効果が出やすい部分で
効果出てくると筋トレも楽しくなってきて
継続出来るので実に美味しい部位です。



ちなみになんで効果が出やすいかというと上半身の中でも筋肉量が多い部位なので
元々ある筋肉を鍛えなおすことで分厚い胸板を簡単に作ることができます。


逆に腕は筋肉量が少ないので普通に腕立てをしても効果がでにくいし
持って生まれた太さに左右されがちなので最初はオススメしません。


初心者は筋トレといえば腕立てで
失敗しているのはそのためです。


誰もがうっとりする大胸筋の鍛え方

ダンベルプレス



では鍛え方についてですが胸筋を鍛えるのに必要なのは「器具」です。


自重筋トレでも出来ますが地味ですぐ飽きてしまいますし
時間がかかってしまうのが大きな欠点です。



それに対して器具はお金はかかりますが、その分元をとろうとやる気が出ますし
短時間で効果出るという大きなメリットがあります。



ではオススメの器具ですが
「ベンチプレス」と「ダンベル」です。


この二つがあれば「ダンベルプレス」を行うことができます。


<やり方>
ベンチに仰向けになって両足を床にしっかりとつけやや胸を張った姿勢になり
ダンベルを胸の横に合わせたら、ゆっくり上に持ち上げて
持ち上げた状態から今度はダンベルをゆっくり下していく。


これを2セット10回繰り返せばオーケーです。


ポイントはゆっくりやることでボリューミーな胸板を作ることができます。
逆に早くやってしまうシャープに引き締まりますが胸板が大きくなりずらいです。



ダンベルの重さは最初はむりせず5キロくらいから初めて徐々に
重くしていきましょう!


<鍛える頻度>
筋トレの頻度ですが
基本毎日やるという信念が大切です。


何故かというと、何日か置きにやる日を決めたとします。
そうすると最初はいいですが段々いつやったか忘れるわけです。


しかも、やる日に用事ができたら出来なくて
週間化がしずらいです。


毎日であれば迷わずできますし
昨日やったか・やらないで迷うこともありません。


もちろん筋肉痛がひどいときは
やらなくてもいいですが、ちょっと痛いくらいだったら
週間化を止めないためにも継続してやりましょう!


そのうちビルドアップしてくる自分の体に嬉しくなって
筋トレが楽しくなってきますよ!