人は相手と出身地や趣味、好きな食べ物、興味の対象が同じだったり
類似していると嬉しくなり、一気に打ち解けます!!





似た者同士は同じ仲間と認識するからです。


「共通項・類似性の原理」と呼ばれる現象ですが
相手に自分と似ている部分を見出すと自分と価値観が
一緒であるかのように感じ、一気に安心して親しみを覚えるのです。


好きなテレビ番組が一緒
好きな音楽のアーティストが一緒
好きなマンガが一緒
学生時代にやっていたスポーツが一緒
好きなお笑い芸人が一緒
誕生日が一緒
乗ってる車が一緒


意中の女性と仲良くなりたいなら共通点や類似性を
多くもち女性の傾向を探る必要があります。


男「お休みの日は何してることが多いかな?」
女「野球が好きでよく見に行ってます。」
男「そうなんだ!自分も野球好きだよ。どこのチームが好きなの?」
女「〇〇を応援してます。」
男「自分と一緒だ!今度一緒に観戦行こうぜ^^!!」
女「そうですね!ぜひ^^」



werarfaga



熱狂的なほど距離を縮めやすい

当然のことながら好きな事の熱狂度が高いほど
二人の距離は縮めやすいです。


それは何故なのか?


熱狂度が高くなれば高くなるほどマニアックになり
段々話す人がいなくなっていくからです!!


その分、同じレベルで話せる人が現れた時の親近感は強くなります。


逆にお互い同じ趣味だけど一人がマニアックで
一人が始めたばかりでは会話が成り立ちません。


同じ共通点でも温度差があってはダメ

以前、合コンで女性と共通の趣味がスノボーでした。


共通の趣味で話が盛り上がったので絶対に今シーズン滑りに
行けると思ってましたが関係が繋がりませんでした・・


何がいけなかったのか・・


それは自分と相手との温度差でした!!


自分はスノボーが大好きだったので去年は毎週行ってたと
お話をしました。


それに対して相手は年に1、2回行く程度だったのです。


女性の気持ちを考えると・・


「ターンもまだ出来ないのに迷惑かけないかな?」
「そこまでハマってるわけじゃないから気まずいな・・」
「滑れなくて置いてかれちゃうかも・・」


もし自分の趣味レベルが高いなら相手が
引いてしまうような表現は避けた方がいいです。


安心する例、

「スノボーは大好きなんだけど行き過ぎて最近ではまったり滑ってるし、
 しょっちゅう休憩してるよ」


「自分、人に教えるのが好きなので良かったら教えるよー
 ターン出来るようになると世界変わるからね^^」


等々、共通の趣味を通して何かに誘う場合は相手に安心感を与える
ことを意識した方がベターです!