今日は「知らない内容の会話はこうすればいい」
という内容をお伝えします。



この記事を見ているあなたも
絶対に何度か経験があると思いますが、


複数で話しているときに知らない話題になって
会話に入れなくて困ったことはありませんか?


しかもその話題が盛り上がっていてずっと会話に入れないと
精神的にきついですよね!


そもそもなんで会話に入れなくなるのか?
それには2つの理由があります。


1.マニアックな話
2.経験がないと語れない話



まず1つ目が、


「マニアックな話」のときはその分野について
全く知らないと話に入りずらいです。


例えばガクが学生時代に凄い困ったことは
友人にサッカー好きがけっこういて


サッカー好きな友達が集まると
サッカー選手の話題で凄い盛り上がっていて


自分はサッカーに全く興味がなくて
会話に全然入れませんでした。


選手のここが凄いとか
昨日の試合はどうだったとか


正直この話題になるとまた始まったかと
テンションを落としてました。


2つ目が、


「経験がないと語れない会話」です。


例えば、凄い流行ってる映画があって
自分以外が見てたとします。


そうなると必然と映画の話題で盛り上がります。


でも自分はその映画を見てないので
分からないし、当然熱く感想を語れません。


ネタが分からず会話に入れない時の正しい対処法

adafaa



では話題に入れない状況であなたならどうしますか?


この話題は知らないから会話に入れないのは
仕方ないと時間が経つのを待ちますか?


正直自分がつまらないと思っている状況で
待つのは時間が経たないし精神的にキツイですよね!


この場合は謙虚な姿勢で教えてもらうというのが一番です。


映画なら映画の良かった点を
あえて聞き出しましょう!


いつからやってたのか?
何系の映画なのか?
どの辺がいいのか?
誰が出ているのか?


知らなくて馬鹿にするやつはいません。


むしろ会話に入れなくておどおどしている姿を
見せる方が女性から見て減点になりやすいです。



仮に会話に入れなくても「俺困ってないよ!!」
という表情で堂々としていましょう。


そして、知らないことには全て興味を持つことが大事で
それが自分磨きにつながります。



ここで楽をして聞き流してるといつまでたっても
自分の引き出しがいっこうに増えません。


もちろん知らないと知ってるでは知ってる方が
会話に入りやすいし、テンションもあがります。


もし、度々同じ話題で会話に入れないならば
それは出会いの場としては必要な内容かもしれません。
意識して知識を取り入れましょう!